• ホーム
  • ダポキセチンによる挿入時間の延長、前立腺肥大症

ダポキセチンによる挿入時間の延長、前立腺肥大症

前立腺肥大症は加齢によって、ほぼ全ての男性に起こりうる病気ですが、この病気の治療薬の中には早漏予防の効果のあるものがあります。
日本でも早漏治療のために処方されることがありますが、射精までの時間が長くなりすぎて、勃起状態を維持できない場合があります。
副作用として射精障害があるので、前立腺肥大症の薬で早漏予防をするとほぼ確実に射精までの時間を遅くすることができます。

ダポキセチンは脳内のセロトニンの量を増やすことができるので、緊張や不安を軽減することができます。
早漏は精神的なストレスによるものが多いので、気持ちが落ち着くだけで完治する場合もあります。
また挿入してから数秒で射精しても、気にしないようにして、もう一度チャレンジするという気持ちも大切で、セックスを繰り返し経験することで、敏感になりすぎている状態を脱することができます。
30歳を過ぎると筋肉量が急激に減少するので、性交渉の数が減少したり、挿入時間が短くなることがありますが、その場合には、スクワットなどをして大腿四頭筋などの大きな筋肉を鍛えることで、若いころと同じような性交渉ができるようになります。

また筋力トレーニングをすると成長ホルモンが分泌されて、さらに男性ホルモンも増えるので、性欲も高まるので、早漏などを気にせずにリラックスをしてセックスできるようになります。
ダポキセチンはSSRIの薬ですが持続的に服用する必要がないので、性交渉の1時間前に服用するだけで効果があります。
また勃起改善薬と同時に服用することもできますが、この場合には、空腹時に服用しないと効果が半減してしまいます。
勃起改善薬は血管を拡げてペニスの勃起をサポートするので、挿入時間が長くても勃起状態を維持することができます。

関連記事