• ホーム
  • ダポキセチンと交感神経の関連性

ダポキセチンと交感神経の関連性

色々な薬

その関連性を知るために交感神経が射精にどんな影響を与えているのかを理解しましょう。
興奮しているときは交感神経が優勢になり、リラックスしているときは副交感神経が働きます。
性的興奮を感じ勃起しているときは副交感神経が働き、一方射精をするときは興奮することで交感神経が働きます。
早漏はこの関係のバランスが壊れることによって引き起こされる障害です。
副交感神経をセックス中に優勢にする時間が長ければ、それだけ射精スピードが遅くなります。

副交感神経を優勢にする手段として呼吸があげられます。
よく深呼吸をするとリラックスすると言われていますが、それをセックス中にすることである程度は射精のスピードを遅くすることが可能です。
ただし限界もありますので、本格的に副交感神経を優勢に働かせるためにはダポキセチンを使った改善方法が適しています。

ダポキセチンを服用すると脳内のなかでセロトニンが有利に働くようになります。
このセロトニンは興奮したときに分泌されるノルアドレナリンを抑制する効果があり、働きを抑えることで射精スピードを遅くすること可能です。
早漏で悩む男性の多くがこのセロトニンが少ないことがわかっています。
しかもその物質は吸収されやすく、それを阻害する役割を持つのがダポキセチンです。
セロトニンを優勢にすることで自律神経のバランスを保つことが可能です。

効果は個人差がありますが、約3倍時間を延ばすことができると言われています。
性行為の充実性は日本ではあまり語られることはありませんが、カップルにおいて心の会話と言われる行為です。
パートナーを満足させることも必要ですので、早漏に悩んでいるのであれば早急に改善策を講じることをおすすめします。

関連記事