公開履歴
落ち込む男性

抗うつ剤に含有されているのがダポキセチンです。
早漏改善薬として注目を集めるようになったのも、ここがスタートになっています。
抗うつ剤を服用していた男性の射精が遅くなった副作用から生まれたのが早漏改善薬です。
ダポキセチンの作用を理解すれば、その理由がわかるでしょう。

興奮したときに分泌されるのがノルアドレナリンです。
これを抑えるのがセロトニンという物質です。
抗うつ剤もこの作用で働き興奮を抑えています。

早漏もその関係とよく似ています。
興奮し抑えきれなくなったときに射精が起きますので、それはノルアドレナリンが担当しています。
そのノルアドレナリンを抑えることができるのがセロトニンであることから、ダポキセチンを服用すると射精スピードが遅くなることがわかるでしょう。

とても副作用が少ない医薬品であり、早漏に悩んでいる男性にはうってつけの医薬品になっています。
ただし注意点も必要です。
併用してはいけない医薬品として、抗真菌剤や抗生物質があります。
また抗うつ剤と一緒に服用するようなことがあると、効果が強く出過ぎてしまい、それは副作用になる恐れもあります。
そして医薬品の服用に注意しなければならない共通認識として、心臓病や腎障害と肝障害の持病を持っている男性は避けたほうが良い医薬品です。
主治医と相談して服用を検討しましょう。

個人差もありますが、通常よりも3倍も射精スピードを遅らせることができると言われていますので、早漏に悩んでいる男性は進んで改善に励むと良いでしょう。
ただしあくまでも早漏を改善するだけであり、ここから治療ができるわけではありません。
根本的な問題としてセックスになれることも大切な治療であることも忘れずに取り組んでください。

記事一覧
窓の前に立つカップル

包茎手術を受けるには30万円程度の費用がかかるので、真性包茎の人の中には手術に消極的な人もかなり多い...

けんかしているカップル

早漏の定義として、挿入前もしくは挿入後に1分以内に射精をしてしまう、まったくコントロールすることがで...

手のひらにのった薬

早漏改善薬の有効成分がダポキセチンであり、代表的な薬はプリリジーです。 プリリジーにはポゼットという...

色々な薬

その関連性を知るために交感神経が射精にどんな影響を与えているのかを理解しましょう。 興奮しているとき...